回復期リハビリテーション病棟|北出病院

 

回復期リハビリテーション病棟

 

回復期リハビリテーション病棟とは?

回復期リハビリテーション病棟とは?
 
 脳血管疾患、大腿骨骨折などにより身体機能が低下した患者さまが、寝たきり防止と在宅復帰を目的に集中的なリハビリテーションを受けることができる病棟です。
医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が協働で患者さまお一人おひとりにあわせたプログラムを作成し、それに基づいて実生活での自立を目指したリハビリテーションを行います。
   
入院対象者

対象の疾患

発症からの期間

入院期間

 

脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、くも膜下出血のシャント術後、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷など又は義肢装着訓練を要する状態

 

※(高次脳機能障害を伴う重症脳血管障害、重度の頸髄損傷、頭部外傷を含む多発外傷)

 

2か月以内

150日以内

※(180日以内)

 

大腿骨・骨盤・脊椎・股関節・膝関節又は二肢以上の骨折もしくは手術後

 

90日以内

 

外科手術または肺炎等の治療時の安静による廃用症候群

 

廃用症候群…他の疾病の治療のために過度に安静にすることや、特定の器官を動かさないことで発症するさまざまな心身の機能低下など。

 

 

股関節又は膝関節の置換術後

 

1か月以内

90日以内

 

大腿骨・骨盤・脊椎・股関節・膝関節の神経・筋・靭帯損傷後

 

60日以内

 
 
   
病棟スタッフからメッセージ
 回復期は心身の機能回復にとって大変重要な時期です。当病棟では患者さまお一人お一人のリハビリの目標に沿ってケアを行い、在宅復帰につなげていきます。そのために当病棟スタッフは患者さまの入院期間をしっかりとサポートできる体制を組んでいます。スタッフ一人ひとりが専門分野で力を発揮し、協働しながら機能回復のお手伝いをさせていただきます。そして「笑顔と挨拶」「ありがとう」の言葉を大切に、患者さまに寄り添っていきたいと思っています。
 
回復期リハビリテーション病棟
看護課長 大川和代
 
 
当病棟所属スタッフ
看護師18名、准看護師2名、理学療法士12名、作業療法士8名、言語聴覚士1名、看護補助者11名(2020年4月1日現在)
 
   
様々なリハビリプログラム
お一人おひとり生活の送り方は違います。自宅の環境も違うため、家の段差やお風呂の形状などを知る目的で、家屋訪問をさせていただく場合があります。そしてその方に合わせたリハビリを行います。たとえば畳の部屋で歩く練習や立ち座りの練習、自宅の玄関の段差と同じ高さの段の昇降、洗濯物を干す動作や調理練習など、様々なリハビリがあります。自宅での生活を安心して行えるように、スタッフ全員全力で取り組んでいます。
 

設備紹介

設備紹介
 
病室(病床数:41床
個室……………5部屋
2人部屋……… 2部屋
4人部屋……… 8部屋
 

スケジュール

スケジュール
 
入院までの流れ
 ①相談  地域連携センターの相談員が相談を承ります。
 
 ②外来受診  
紹介状をご持参ください。患者さまが来院できない場合はご家族だけの受診でも結構です。
患者さまご本人の身体状態はもちろんですが、これまでの生活環境や社会背景、これからの生活予定やご家族の協力など、多くの情報の提供をお願いしております。これは、「回復期リハビリテーション病棟」があくまでも自宅退院(または施設)に向けたリハビリテーションを積極的に提供していくための病棟であり、入院可能な日数に制限が設けられているためです。
 ③入院判定・入院予約
 
提供いただいた情報を基に、入院の可否と入院予定期間などを決めさせていただきます。
入院中の病院やご自宅にご連絡いたします。
 ④入院
 
入院日当日に外来受付にお越しください。病棟へご案内し、リハビリテーションチームによる回復期リハビリテーションがスタートします。
 
 
 
入院から退院までの流れ
 ①評価および総合リハビリテーション実施計画書の作成
 
入院時の患者さまの全身状態やご家族の希望を基に、入院中の生活スケジュールや練習スケジュールを決定し実施します。
 
 
 ②カンファレンス
 
患者さまの病気の治療やリハビリテーションの状況、病棟での生活状況などを基に、今後の方針やゴールを設定します。患者さまご本人やご家族に説明し、方針への同意をいただきます。
 
 ③退院前訪問、試験外出・外泊
 
提供いただいた情報を基に、入院の可否と入院予定期間などを決めさせていただきます。入院中の病院やご自宅にご連絡いたします。
 
 ④退院
 
在宅サービスや訪問リハビリ、通所リハビリなどの介護保険サービスを利用し、家庭復帰を実現します。
   
入院中の1日の流れ(一例)
7:30
  【朝食】
歩行や車椅子にてデイルームに行くことが可能な患者さまはデイルームで行います。食事動作も重要なリハビリの一環ですので、できるだけ自分で摂取していただきますが、介助の必要な患者さまや時間を要する患者さまにはお手伝いもいたします。
8:30
 
 
【検温・更衣など】
検温などにより全身状態にお変わりのないことを確認します。その後退院後の生活に向けて、できるだけパジャマより日常着に着替えていただきます。この更衣動作も重要なリハビリの一環ですので、できるだけ自分で行っていただきますが、介助の必要な患者さまにはお手伝いいたします。
 
  病棟回診
  在宅サービスや訪問リハビリ、通所リハビリなどの介護保険サービスを利用し、家庭復帰をめざします。
   
9:00
 
【リハビリ・検査など】
各患者さまに応じたリハビリを病棟または練習室(1階)で行います。
また、CTやMRI、X線などの検査も必要に応じて予定されることがあります。
11:30
 
【トイレ誘導後】
リハビリ後はできるだけ離床を促し、臥床生活を予防します。
昼食の準備としてトイレへの誘導を行い、デイルームに集まっていただきます。
 
12:00
  【昼食】
13:00  
【リハビリ・検査など】
 
  病棟カンファレンス
  医師、看護師、リハビリ療法士、相談員などのリハビリテーションチームで個々の患者さまの全身状態やリハビリテーションメニュー、日常生活動作の自立度、今後の方針などの検討を行います。
一人の患者さまに対し、2回/月程度の頻度で検討を行い、チーム全体が共通の意識で、患者さまの自宅復帰を支援していきます。
   
16:00
  【更衣】
リハビリ後、日常着から就寝用の病衣に着替えていただきます。朝の更衣と同様にリハビリの一環として行います。
17:30
  【夕食】
21:00
  【消灯・就寝】
 
病棟では、起床から就寝までの生活の全てがリハビリテーションの一環です。
 
 
 

病棟パンフレットPDFダウンロード

病棟パンフレットPDFダウンロード
 
 
<<社会医療法人黎明会>> 〒644-0011 和歌山県御坊市湯川町財部728-4 TEL:0738-22-2188 FAX:0738-22-2120