病院(臨床)指標

 

病院(臨床)指標

 

令和元年度北出病院指標

令和元年度北出病院指標
 
病院(臨床)指標
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 33 46 48 96 163 234 414 608 368
 当院の位置する御坊市は高齢者の割合が全国平均よりも高いことから、当院の入院患者様も60歳代以上の方が80%以上となっています。高齢者の方が多いため、肺炎や尿路感染といった疾患が多く見られました。今後も高齢者の方の入院がさらに増加することが予想されます。
 当院ではスポーツ整形外科診療を行っていますので、10~20代では前十字靭帯損傷などスポーツに関連した疾患に対しての手術目的での入院も見られました。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400800499x01x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 93 30.81 21.84 4.3% 88.65  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 88 21.26 12.58 6.8% 81.84  
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 75 26.32 18.69 2.7% 87.25  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 61 30.15 20.84 0.0% 85.97  
0400800497x01x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 18 43.50 38.73 0.0% 85.97  
 肺炎の患者様が多く入院されています。DPCコードで細分化されていますが肺炎で入院された患者様が250名以上いらっしゃいました。
平均在院日数が全国平均よりも長いのは、入院患者様のほとんどが80歳以上で何らかの合併症や入院時に衰弱しているからであると考えられます。
 当院では言語聴覚士による嚥下障害に対するリハビリや、歯科衛生士を病棟配置し口腔ケアを行っており、肺炎の再発防止及び再入院率低下に取り組んでいます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 50 60.94 25.94 0.0% 83.76  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 28 40.64 19.40 14.3% 81.54  
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 16 11.13 14.10 0.0% 25.38  
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術なし 10 6.00 9.65 10.0% 82.10  
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし - - 19.59 - -  
 高齢者の方の大腿骨骨折による入院が大半を占めています。このため、当院においては入院当初から患者様、ご家族様とカンファレンスを行い、早期に手術を行っております。
 リハビリテーションにおいては術前よりセラピストが介入しており、術後も安心してリハビリテーションを継続することができます。
 術後はリハビリテーションを積極的に行える回復期リハビリテーション病棟に転棟していただき、患者様の社会復帰、在宅復帰をサポートしております。そのため入院期間が長期化しております。
 また当院ではスポーツ整形外科診療を行っていますので、10~20代の若い世代ではスポーツ関連の疾患での入院が多くありました。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 117 2.08 2.63 0.0% 65.95  
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 72 2.00 3.02 0.0% 54.31  
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 24 6.46 5.39 0.0% 50.04  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 14.18 9.79 4.5% 85.00  
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 9.80 7.42 0.0% 58.55  
 大腸ポリープ内視鏡下切除術後の患者様が多く入院されています。また、地域の開業医様で行われた大腸ポリープ切除術後の患者様の安静目的の入院も積極的に受け入れており、術後も安心して治療が受けられるように連携してます。
 ウイルス性胃腸炎で入院される患者様の多くが下痢嘔吐が主訴ですが、当院には感染における認定看護師がおり、感染源のウイルスや菌の拡大防止及び予防対策に万全の態勢を整えております。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 9.37 8.89 0.0% 75.68  
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2 なし 33 13.27 8.86 3.0% 75.45  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 32 9.81 7.65 0.0% 65.66  
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 24 7.00 4.85 0.0% 66.00  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 8.47 7.13 0.0% 54.67  
 当院においても腹腔鏡による手術を積極的に行っており、このため従来の開腹による手術と比較して患者様への負担が少なく、術後の入院日数も少なくなり、早期に退院することが可能になりました。胆嚢摘出術については9割以上が腹腔鏡によるものです。
 また当院には歯科医師がおり、全身麻酔の手術を安全に行えるように連携しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 24 6.04 5.01 0.0% 69.71  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.34 - -  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.10 - -  
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) - - 4.87 - -  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.13 - -  
 脳梗塞のDPCは意識障害の程度、発症前の状態などで細分化されいます。そのため表では患者数が少なくなっていますが、実際は30件と最も多くなっております。
 当院は脳梗塞、頭部外傷やてんかん等に対して、非手術的治療を行っております。また発症して早期にリハビリテーションを開始でき、一日でも早く元の生活に戻れるよう、土日祝日にかかわらず積極的にリハビリテーションを行っております。
胸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040150xx99x0xx 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術なし 手術・処置等2 なし - - 23.38 - -  
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.11 - -  
090010xx97x40x 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし - - 7.08 - -  
160450xx97x1xx 肺・胸部気管・気管支損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 あり - - 19.87 - -  
160450xx99x00x 肺・胸部気管・気管支損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.07 - -  
 気胸・乳癌の患者様が入院されています。
 乳癌の化学療法目的のために繰り返し入院、若い世代では交通事故などによる外傷性気胸、高齢者では交通事故のほか転倒が原因の外傷性気胸での入院がありました。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 29 2.0 2.78 0.0% 67.83  
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 10.24 - -  
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 16.61 - -  
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 5.34 - -  
050170xx02001x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 31.32 - -  
 下肢静脈瘤に対する手術目的の入院が多くありました。
 また糖尿病や動脈硬化により下肢に生じた潰瘍に対し、フットケア外来も行っております。当院では血管外科、整形外科の医師とフットケア専門の認定看護師、セラピスト、臨床検査技師などがチームを組んで治療に当たるだけでなく、予防の観点から日常的な足のケアも行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 8
大腸癌 - - 11 23 - - 1 6,8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 この表の患者数は延べ人数であり、同じ患者様が繰り返し化学療法(抗がん剤治療)のために入院されている場合も含みます。患者数は、大腸がんが延べ49人と最も多く、次いで胃癌、肝癌となっています。ステージ4の中には緩和療法に移行される患者様もいらっしゃいますが、当院には緩和ケアを専門とするチームが結成されており緩和担当医をはじめ緩和ケア認定看護師、薬剤師などそれぞれの専門家が力を合わせて、患者様が穏やかに過ごせるようにケアを行っています。
 また健診センターキタデと連携して癌の早期発見に努めています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 12 8.42 53.42
中等症 11 15.18 81.27
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
 当院では市中肺炎においてはすべてが軽傷または中等症の患者様ですが血液データや基礎疾患によっては入院の診断となる場合があります。重症度が上がるにつれて平均在院日数、平均年齢が上がっています。
 市中肺炎:普段の生活を送っている中で罹患した肺炎の事。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 36 75.89 81.53 16.67
その他 - - - -
 当院では薬物投与による治療が中心です。急性期治療後は回復期リハビリテーション病棟で積極的にリハビリを行っています。当院のリハビリ体制は、日曜祝日の休日にかかわらず毎日行うことができます。これにより、早期にADL(日常生活動作)が改善でき、社会復帰、在宅復帰できるように対応しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 49 2.73 51.31 2.0% 85.65  
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 15 2.13 21.60 0.0% 63.07  
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 14 3.79 66.36 0.0% 83.57  
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 10 1.00 9.90 0.0% 23.30  
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く)、足、指(手、足)その他) 10 3.50 11.70 0.0% 50.80  
 高齢者の方の骨折の対する手術が大半を占めています。手術後状態が安定すれば回復期リハビリテーション病棟に転棟していただきリハビリを行います。
 また当院ではスポーツ整形外科診療を行っていますので、10~20代の若い世代ではスポーツ関連の疾患に対する手術も積極的に行っており、術後は競技に復帰できるようにリハビリを行います。
 今年度より人工関節外来を開設したため、それに対する手術も多くなってくると考えられます。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 120 0.22 1.40 0.0% 66.30  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 8.36 21.73 4.5% 86.55  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 19 34.00 64.95 5.3% 83.89  
K654 内視鏡的消化管止血術 16 3.88 19.44 6.3% 77.00  
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) - - - - -  
 当院では内視鏡による大腸ポリープ切除術を最も多く行っており、入院期間は2日間が大半を占めています。入院した当日に手術をし翌日退院となる方がほとんどです。
 また総胆管結石や胆管系の悪性腫瘍などで閉塞性黄疸を発症した方には、内視鏡で行う胆道ステント留置術や、砕石採石を行う内視鏡的胆道結石除去術も行い、患者様の侵襲の少ない治療を提供しております。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 23 0.30 5.61 0.0% 66.35  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 22 3.64 5.82 0.0% 58.73  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 13 8.23 20.00 0.0% 72.15  
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術(硬化療法(四段階注射法によるもの))を伴わない) - - - - -  
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -  
 鼠経ヘルニア手術においてはほとんどが事前に外来で手術の予定を立てたうえで入院される場合がほとんどです。そのため入院日数が短くなっております。
 当院においても、安全性及び低侵襲(体の負担が少ないこと)性から腹腔鏡下における手術も積極的に行っております。このため術後の入院日数も少なくなり、早期に退院することが可能となりました。
 また腹腔鏡だけでなく、血管塞栓術(足の付け根からカテーテルを挿入し、直接肝臓内に抗がん剤を投与し動脈の血流を途絶させ腫瘍細胞を壊死させる手術)や ラジオ波焼灼術(周波数の高いラジオ波を用い直接腫瘍を穿刺して焼灼する手術)など多種多様な手術も行っており、患者様に応じた質の高い手術が行えます。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 24 0.00 1.00 0.0% 65.92  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 12 1.17 4.17 8.3% 79.67  
K610-3 内シャント設置術 - - - - -  
K6145 血管移植術、バイパス移植術(下腿、足部動脈) - - - - -  
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) - - - - -  
 下肢静脈瘤に対する手術を多く行っています。下肢静脈瘤血管内焼灼術は術後すぐに歩行ができ、術後翌日退院となる方がほとんどです。
 また下肢の壊疽が発生してしまった方に対しては切断を回避するため、血行の再建を行っております。
 当院では透析治療を行っており、そのために必要な内シャント設置術も行っております。透析導入においてのご説明、書類手続き等のご相談も承っております。透析患者様には送迎サービスも行っておりこのため安心して治療を受けていただくことができます。
胸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) - - - - -  
K5143 肺悪性腫瘍手術 肺葉切除または1肺葉を超えるもの - - - - -  
               
               
               
 肺癌や気胸の手術を行っています。術前から呼吸器リハビリを行い、呼吸機能を高めてから手術を行うことで入院日数を短縮できるように努めています。術後もADL(日常生活動作)の向上はもちろん、呼吸方法や呼吸介助を行い、心肺機能が低下しないようにリハビリを行います。
 また乳癌に対する手術、化学療法も引き続き行っていきたいと考えています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 16 0.81%
180010 敗血症 同一 - -
異なる 11 0.56%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.51%
異なる - -
 入院中の患者様の中には体力や免疫力の低下から、ウイルスや細菌の感染を発症してしまう場合があります。
 DIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症については、異なる疾患からの発症として挙げられるのは肺炎、消化管穿孔などからでした。
 手術・処置等の合併症は様々な要因によって発症します。手術後や重症化されている患者様には細心の注意を払って対応しております。今後も発症率を低下できるように努力してまいります。
更新履歴
令和2年9月23日
令和元年度の病院指標を公開しました。
<<社会医療法人黎明会>> 〒644-0011 和歌山県御坊市湯川町財部728-4 TEL:0738-22-2188 FAX:0738-22-2120