本文へ移動
オプション検査一覧
・人間ドックの補助制度のある健保組合や団体などに所属されている方は、
 重複する検査項目もございますので受診案内時の検査項目表をご参照ください。    
・内容、料金等はやむを得ずに変更する場合もございますので、最新情報をご確認ください。    
・検査人数に制限がある場合がございますので、お早めにお申し込みください。
検査人数に制限があるオプション 
・MRI検査
・心臓超音波検査
・動脈硬化検査
・乳がん検診
お電話でのご予約・ご相談 ☎︎0738-24-3000

リスク検査

 一週間前に電話予約必要  企業巡回健診バスで受診可能
カテゴリ
検査項目
検査の説明
料金
リスク検査
アミノインデックス検査
検査方法:採血
血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、現在がんであるリスク(可能性)を評価する検査です。さらに10年以内に脳卒中や心筋梗塞を発症するリスク、4年以内に糖尿病を発症するリスク、現在認知機能が低下しているリスクも評価します。        
【検査項目】
(男性)胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、 
    膵臓がん        
(女性)胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、
    子宮・卵巣がん、膵臓がん
30,250円
プロドロームCRC(大腸)
(Prodrome-CRC)検査
検査方法:採血
大腸がんのリスク(可能性)を調べる血液検査です。健康な状態から大腸がんに至る過程で減少するとされる長鎖脂肪酸(GTA-446)と他14種類の物質を測定します。高リスクの場合は、低リスクの場合と比べて大腸がんが見つかる確率が300倍高くなります。
15,000円
プロドロームPAC(膵臓)
(Prodrome-PAC)検査
検査方法:採血
早期からの膵臓がんのリスク(可能性)を調べる検査です。健康な状態から膵臓がんに至る過程で減少するとされる長鎖脂肪酸(PC-594)と他6種類の物質を測定します。高リスクの場合は、低リスクの場合と比べて膵臓がんが見つかる確率が60倍高くなります。
15,000円
ロックスインデックス
検査方法:採血
LOX-indexとは、血液中のLOX-1と変性LDL(さびついた悪玉コレステロール)の測定値を掛け算した値です。血管内皮障害を引きおこす原因物質(LOX-1と変性LDL)の値から動脈硬化の初期状態を検知し、将来の心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクを判定します。
15,000円
部位別オプション検査

 一週間前に電話予約必要  企業巡回健診バスで受診可能
カテゴリ
検査項目
検査の説明
料金
腸内フローラ検査
検査方法:検便採取
腸内に生息する常在細菌である腸内フローラを便から採取し、ご自身の腸内フローラバランスを判定します。近年、この腸内フローラの乱れが様々な病気のリスクと関係する事がわかっています。
便通でお悩みの方や太りやすい方は、一度腸内の菌のバランスを調べてみませんか?管理栄養士による生活習慣をもとにしたアドバイスを結果としてお届けします。
検査はご自宅での検便となります。ご自身のタイミングで検便をしていただくので負担が少なく検査可能です。
20,000円
ピロリ菌
検査方法:採血
主に幼少期に感染し、胃の中に棲みついて胃炎を起こす細菌です。ピロリ菌感染の有無は、血液検査でピロリ菌抗体を測定することでわかります。
胃炎を繰り返すことで胃粘膜を萎縮させ胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんの発生に強く関与します(感染しているからといって必ず胃潰瘍や胃がんが発生するわけではありません)。
ピロリ菌に感染している場合は陽性(+)として表されます。
2,500円
ペプシノゲン
検査方法:採血
ペプシノゲンは消化液の元になるもので、血中濃度を測ることで胃粘膜でのペプシノゲンの産生の程度(老化度)がわかります。
血中ペプシノゲン量が少ない場合は胃粘膜が萎縮していることを示します。
胃粘膜が萎縮している場合は陽性(+)として表されます。
4,500円
ピロリ菌
ペプシノゲンセット検査
検査方法:採血
上記のセット検査です。
5,000円
甲状腺
甲状腺検査
検査方法:採血
甲状腺ホルモンの状態を調べる検査です。甲状腺の病気は女性に多く、自覚症状なく進行することがあります。甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症などの早期発見に役立てます。                    
【検査項目】FT3、FT4、TSH
3,000円
骨密度検査
北出病院では最新鋭のDEXA(デキサ)法のX線骨密度測定器を導入して骨密度検査を行っております。
DEXAはDual Energy X-ray Absorptiometryの略で、DEXA法による検査は、2種類の異なるX線を照射して骨密度を測定する検査です。最も精度の高い検査方法とされています。
検査は撮影台に横になるだけで痛みもなく短時間で検査は終了いたします。
骨密度検査で有効な部位とされる腰椎と大腿骨部を検査しています。
5,500円
脳MRI
脳卒中の危険のある病変(かくれ脳梗塞、大脳白質病変脳微小出血など)をはじめ、脳腫瘍、脳萎縮などの脳の異常を発見することができます。
※認知症を調べる検査ではございません。
19,800円
肺がんCT検査
肺がんの早期発見に役立てます。
(40歳以上・特にタバコをよく吸われる方に)
胸部エックス線検査を受けても、小さいがんや淡くしか写らないがんの場合、見つけられないことが多くあります。そのようながんに対しては「胸部CT検査」が早期発見のために有効です。
11,000円
血管
動脈硬化検査
頸動脈エコー、CAVI・ABIの検査で血管の硬さ・詰まり具合を調べます。
7,700円
心臓
心臓検査
検査方法:採血
心臓から分泌されるホルモンを調べる検査です。心不全や心筋梗塞による心臓への負担状態を調べ、自覚症状のないうちからの早期発見に役立てます。
3,000円
心臓超音波検査
心臓の形の異常や心臓の動きを診断する検査です。弁膜症や心筋梗塞、心筋症などの心臓疾患の診断をより正確に行うことができます。
11,000円
血液系オプション検査

企業巡回健診バスで受診可能
カテゴリ
検査項目
検査の説明
料金
血液系
腫瘍マーカー
検査方法:採血
がんには多くの種類があります。それぞれのがんに特徴的な物質(たんぱく質や酵素など)が産生されます。そのような物質を腫瘍マーカーと呼びます。
血液中に放出されたものを血液検査で調べることができます。異常値を示す場合はがんが存在する可能性があります。
CEA:消化器系のがんや乳がんの診断に役立てます。
AFP:おもに肝細胞がん、転移性肝がんなどの診断に役立てます。
CA19-9:膵がん、胆嚢・胆管がん、卵巣がん、子宮体がんの診断に役立てます。
5,000円
PSA前立腺がん
検査方法:採血
前立腺に特異的な腫瘍マーカーで前立腺がんの診断に役立てます。
3,000円
CA-125卵巣がん
(レディース)
検査方法:採血
卵巣がん、卵管がん、子宮頚がん、子宮内膜症の診断に役立てます。
※妊娠中や生理中の方はお控えください。数値が高くなる可能性があり正確な数値が出ない場合があります。
3,000円
レディースオプション検査

 一週間前に電話予約必要
カテゴリ
検査項目
検査の説明
料金
乳房
乳がん検診
マンモグラフィー(2方向)の撮影を行います。                         
※2018年度から医師による乳房触診はなくなりました。ご了承ください。
女性技師による撮影です。
6,600円
子宮
子宮頸がん
子宮頸部の細胞を採取し、調べます。
(20歳以上の女性の方に)
5,500円
アレルギー検査

  企業巡回健診バスで受診可能
カテゴリ
検査項目
検査の説明
料金
アレルギー
アレルギー検査36項目
検査方法:採血
アレルギーを起こす原因物質によって作られる抗体の量(抗体価)を測定します。       
【検査項目】
トマト、モモ、キウイ、バナナ、卵白、オボムコイド、鶏肉、豚肉、牛肉、ミルク、カニ、エビ、サケ、マグロ、コメ、ダイズ、ピーナッツ、コムギ、ソバ、ゴマ、ラテックス、アスペルギルス、カンジダ、シラカンバ、ハンノキ、ヒノキ、スギ、ヨモギ、ハウスダスト、サバ、木の実ミックス(アーモンド、ヘーゼルナッツ、クルミ)、カビミックス(アルテルナリア、ベニシリウム、クラドスポリウム)、ブタクサミックス(ブタクサ、オオブタクサ、ブタクサモドキ)、イネ科ミックス(オオアワガエリ、カモガヤ、ナガハグサ、ハルガヤ、ギョウギシバ)、イヌ・ネコ皮屑ミックス(イヌ皮屑、ネコ皮屑)、ダニミックス(コナヒョウヒダニ、ヤケヒョウヒダニ)
36項目48種類
14,000円
アレルギー検査6項目
検査方法:採血
アレルギーを起こす原因物質によって作られる抗体の量(抗体価)を測定します。 
【検査項目】
スギ、ヒノキ、ヤケヒョウヒダニ、ガンジタ、動物上皮、ハウスダスト
5,000円