本文へ移動

新着情報

イベント情報 第31回KITADEみんなの写真コンクール 入賞者発表
2021-08-18
注目
第31回KITADEみんなの写真コンクール入選者が決定いたしました。
応募者数:39名
作品数 :133点
募集テーマ:「北出のバラ」「私のお気に入り」
入賞者 KITADE賞:1名、すこやか賞:1名、ローズ賞:2名、佳作:3名
※ローズ賞は、院内投票により選出されました。
新型コロナウイルス感染症の影響で、今年度も「バラとモデルの撮影会」が開催できませんでしたが、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
 
【審査員からのコメント】
 今年からWeb応募による募集のみとなりました。苦労された方もいらっしゃいましたが、多くの方からの応募がありました。ありがとうございます。
 今回は「私のお気に入り」「北出のバラ」の2テーマでの募集でした。「私のお気に入り」には大きく2通りの作品が集まりました。お気に入りの物を写し込んだ作品と作品自体がお気に入りというものです。後者に関して言うと、作者自身の自信作でもあるわけで、多くの秀作が寄せられました。作風もそれぞれに光るものがあり、1次審査を通過しました27作品のどれが賞を取ってもおかしくなく、審査は票が分かれ難航いたしました。デジタルデータは、プリントと違いパソコン上で拡大もできますし、撮影データ・処理ソフトなどの確認も可能で、それぞれの作品を画面上でじっくり拝見させていただきました。

 今年のKITADE賞には、西野里美様の「綿毛と水玉」を選出しました。色合いの柔らかさ、ボケ味、配置のバランスにも高い評価を各審査員からいただきました。応募頂いた作品3点は、どれも素晴らしい作品でした。
すこやか賞には、田中幸代様の「小さな手のひらの宝物」差し出す子供の笑顔が見えてきそうな作品です。
佳作には、平山弘様の「陶酔」、中西克仁様の「競い合い」、岩崎一也様の「似合う?」の3作品が選ばれました。
平山様の「陶酔」は音楽が聞こえてきそうな映画の名シーンを思わせる作品です。
中西様の「競い合い」は単焦点の35ミリレンズでバラに寄り、開放に近い絞りで背景をぼかし、全体にやわらかいトーンですが、しっかりエッジのシャープネスを効かせた作品となってます。
岩崎様の「似合う?」は子供らしからぬ表情と絵画のような風合いで目を引きました。
以上5名の皆様おめでとうございました。

 今回もバラの秀作が集まりました。1次審査で選ばれた作品は、光の捉え方、背景の処理、もちろんバラの美しさを上手に表現しています。今回、落選された方の作品に多かったのは背景の処理の不十分さでしょうか。背景に車がギラギラで写り込んでたり、あまりきれいと言えない背景だったりで、せっかく美しくバラを撮影してるのに全体を見ると残念な作品が見られました。ぜひ、背景にも気を使い撮影ください。あと、最近はバラのアップの作品が多いのですが、バラ園を広く写す作品が少ないようです。色々と写り込んで難しいとは思いますが、朝日や夕日に照らされるバラ園はどうでしょうか。
 
 思うようには動けない世情ですが、日々健康で写真ライフをお楽しみください。
 
【審査員】
●武田 照行(たけだ てるゆき)
A&Tプランニング株式会社 代表取締役社長
元、京都市立芸術大学 非常勤講師、日本広告写真家協会(APA)特別会員
写真クラブ指導講師、他
●平井 豪(ひらい つよし)
コマーシャルスタジオ 株式会社アテック チーフカメラマン
京都写真家協会(KPS)、京都洛中組 会員
TOPへ戻る