透析センター

   
透析について
人工透析は CKD(慢性腎症)が進行し腎機能が悪化した患者さんに行う治療です。

人工透析はCKDが進行し腎機能が悪化した患者さんに行う治療です。現在日本全国で透析を受けている患者さんは約30万人超。
当院の透析ベッドは現在30床です。(最大46床まで増床可能)
透析室のスタッフは専任医師(日本透析医学会指導医・専門医)1名、臨床工学技師3名、看護師7名、介護員1名です。
 
 
待合室
 
半個室
 
 感染部屋
 
 水製造装置
   
〈特徴〉
①あらゆる患者さまのニーズに対応
 感染対応個室2床、長時間透析・夜間透析対応半個室8床
②快適に透析を受けていただくために
 間接照明を採用、読書灯を設置、テレビを設置、輻射式冷暖房を採用、車いすでの利用を考慮
③安全に透析を受けていただくために
 多用途透析装置を導入
 透析用監視装置は、逆濾過透析液、ナビゲート機能、オンラインHDFを搭載した多用途透析装置を導入しました。また、透析で使用する透析用水は、世界中で高いシェアを誇る東レの「RO膜ロメンブラ」を採用した逆浸透法精製水製造装置を採用しました。
   
透析治療日
月・水・金曜日・・・午前 8:30 ~ 2クール
火・木・土曜日・・・午前 8:30 ~ 2クール
 
管理栄養士によるサポート
療養の一環として管理栄養士が作成した献立により季節に応じた食事を提供しています。また、管理栄養士による定期的な栄養指導、栄養相談により栄養管理を行っています。
   
入院治療、入院療養の利用
入院治療が必要となった場合、一般病棟に入院することができます。
また、長期に療養が必要な場合は療養病棟にて病状が安定するまで入院療養ができます。
 
リハビリテーション
リハビリテーション科では、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による専門のスタッフより対応しております。
 
送迎サービス
外来透析患者さまには通院のサポートとして送迎も行っております。
<<社会医療法人黎明会>> 〒644-0011 和歌山県御坊市湯川町財部728-4 TEL:0738-22-2188 FAX:0738-22-2166