病院(臨床)指標

 

平成27年度北出病院指標

平成27年度北出病院指標
 
病院(臨床)指標
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 47 32 67 106 186 384 456 675 298
当地域も少子化・高齢化が進んできており、60代以上の入院患者数が多くなってきている。小児科の入院はなく、10代の入院は整形外科のスポーツ疾患によるものがほとんどである。これは当地域においてスポーツ(野球、バレーボール等)が盛んに行われているのと、当院にスポーツ疾患専門の医師がいるため、県内他地域からの手術目的の入院が多いためである。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
 
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 159 23.85 14.34 2.5% 78.67
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 111 30.29 21.69 3.3% 86.31
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 62 24.24 12.60 1.6% 81.77
診療科全般的に、地域の高齢化により当院の特色が出ている。細菌性肺炎等の呼吸器疾患が最も多くなっている。また誤嚥性肺炎は、特に状態のよくない施設入所者に多くなっている。今後も地域の施設に対して、当院の歯科衛生士を派遣して、入所施設の担当者に対して口腔ケアの指導を続けていく。さらに感染症特に腎臓・尿路の感染症等も多くなっている。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
06010000000000 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)(短期滞在手術) 149 2.64 - 0.0% 65.01
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 51 6.04 5.50 0.0% 62.63
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 35 12.54 7.91 2.9% 63.86
当法人には「健診センター・キタデ」があり、地域の企業・住民の健康診断を積極的に行っている。当院では、健康診断で便潜血陽性になった方の精密検査を平日だけでなく祝日にも行っており、大腸内視鏡検査の件数は、年間1000件を超えている。そのため、内視鏡による大腸ポリープの切除の件数が非常に多くなっている。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 50 47.14 21.52 0.0% 79.78
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 44 69.02 28.70 0.0% 85.18
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 19 48.16 16.83 0.0% 84.16
大腿骨骨折、胸腰椎圧迫骨折、加齢による変形性膝関節症が多くなっている。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 38 6.00 5.51 0.0% 70.74
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 56.29 15.80 3.2% 77.81
010069xx99000x 脳卒中の続発症 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 25.50 10.85 0.0% 74.22
急性期治療においては、薬物療法等を行っている。急性期を過ぎた方には、回復期リハビリテーション病棟があり、経験豊かなリハビリテーションスタッフによるリハビリ治療を積極的に行っており、他院で脳血管疾患手術後の治療、脳梗塞後遺症の急性増悪等の継続的な治療も行っている。もちろん急性期からの早期のリハビリテーションも実施している。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 8.79 9.17 4.3% 66.30
06016000000000 鼠径ヘルニア(短期滞在手術) 24 6.96 - 0.0% 69.00
060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 10.04 10.59 0.0% 68.87
当院では、腹腔鏡下による手術を積極的に行っており、従来の開腹による手術に比べて、患者の負担が少なく、そのため術後の入院日数も少なくなってきている。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 15 1     7版
大腸癌 11 10 - - - 23 1     7版
乳癌 - - - - - - 1     7版
肺癌 - - - - - - 1     7版
肝癌 - - - - - 23 1     7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
黎明会においては、健診センター・キタデを運営しており、各種癌の早期発見に努めている。
当院は、胃腸病院を母体に発展してきたため、癌疾患において主に扱う部位は消化器ということになる。消化器の癌については、CT・MRI・内視鏡による検査はもちろんのこと、体の負担が少なくて済む内視鏡・腹腔鏡による手術治療も積極的に行ってきている。他院において手術を行ってきた患者に対してのアフターフォローとして化学療法による治療も行っており、近年は緩和ケアにも力を入れている。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 38 13.7 51.6
重症度 1 105 37.9 85.9
重症度 2 23 21.8 87.3
重症度 3 - 17.0 88.4
重症度 4 - 11.5 82.8
重症度 5 - - -
不明 - - -
肺炎はその性質上、高齢者に重症の患者が偏ってきており、さらに日常生活動作の評価(ADL)が悪い患者ほど重症度も高くなってきている。 
当院においては、歯科衛生士を各病棟に配置し口腔ケアを実施している。そのため再発も少なく、平均在院日数の短縮に寄与している。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - 8.5 85.5 0.0%
その他 - 5.3 81.5 50.0%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - 0.0 0.0 0.0%
その他 - 32.0 83.0 0.0%
I63$ 脳梗塞 3日以内 28 56.0 84.4 0.0%
その他 41 65.6 78.3 2.4%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 0.0 0.0 0.0%
その他 - 0.0 0.0 0.0%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 0.0 0.0 0.0%
その他 - 16.0 65.0 0.0%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - 0.0 0.0 0.0%
その他 - 0.0 0.0 0.0%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - 0.0 0.0 0.0%
その他 - 0.0 0.0 0.0%
当院における脳血管疾患の治療は、主に薬物療法とリハビリテーションである。当院では、開頭手術等は行っていないが、他院からの急性期治療を終えた患者も積極的に受け入れており、集中的なリハビリテーションを行うことによりADLが飛躍的に改善し、良好な結果を出している。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 137 0.0 1.0 0.0 65.3
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2センチメートル未満) 24 0.5 1.0 0.0 63.4
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 17 0.0 4.7 0.0 62.5
消化器内科においては、内視鏡検査(胃・大腸)を土曜・日曜・祝日も行っているため、合計で年間約2000症例行っており、そのため内視鏡による良性ポリープ切除の件数が多くなっている。予定手術であるため、術前日数はほとんどが0日であり、手術当日の入院となっている。術後の日数は、ほとんどが手術の翌日の退院となっている。2㎝以上のポリープを切除した場合は、念のために数日入院していただいている。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 32 3.9 63.6 0.0 85.6
K0821 人工関節置換術(膝) 13 1.2 45.2 0.0 76.9
K0811 人工骨頭挿入術(股) 13 7.5 64.7 0.0 84.1
整形外科においては、平均年齢が高いため、大腿骨の骨折によるものが多くなっている。また同じように変形性膝関節症による予定手術も多くなっている。当地方は、青少年による野球・バレーボール等のスポーツが盛んで、当院ではスポーツ整形の診療を行っている。まだまだ件数は少ないが、特に中高生に対しての関節鏡による手術を積極的に行っている。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 25 0.3 5.4 0.0 69.6
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 14 2.6 12.8 0.0 70.1
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 13 2.6 6.0 0.0 61.2
消化器外科においては、近年では京都府立医科大学附属病院から指導医を招き、腹腔鏡による手術を積極的に行ってきている。そのため腹腔鏡による手術件数が開腹によるものを上回ってきている。腹腔鏡による手術は、開腹手術に比べて、患者への負担が少なく済むため、術後の入院期間が短く好評を得ている。今後も積極的に腹腔鏡手術を行っていく予定である。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 請求率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.13
異なる - 0.09
180010 敗血症 同一 - 0.04
異なる 12 0.53
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.04
異なる - 0.04
180040 手術・処置等の合併症 同一 - 0.18
異なる - 0.27
当院において、入院中の播種性血管内凝固症候群(略称 DIC)・敗血症・その他真菌症の発生率は非常に低い。患者の高齢化のため、今後は増加が予想されるが、近隣の介護施設等と連携を密にしていくことにより、肺炎・尿路感染等の感染症の重症化と褥瘡の悪化を防ぐことにより発症を減らしていきたい。手術・処置等の合併症については、発症数も少なく、今後も発症しないよう研究と努力を続けていく。
更新履歴
<<社会医療法人黎明会>> 〒644-0011 和歌山県御坊市湯川町財部728-4 TEL:0738-22-2188 FAX:0738-22-2120